スポンサーリンク

GPZ400R バックミラー交換

今回のGPZ400Rで納車前から気にくわなかったのが、ハンドルマウントのバックミラー。

大昔からニンジャ系とかでアップハンにするとなぜかバックミラーをハンドルマウントにする人は多いんですけど、個人的には好みではないんですよね。コゾー臭すぎて。

というわけでニンジャでも純正のカウルマウントミラーから変更することもなかったのでした。

んで納車前の会話。

うんすい「なにか流用できないんでしたっけ?」

店長「マウントはニンジャと同じよ」

GPZ400R純正はアームがゴムでかぶせられてて、これはこれでダサい。

ニンジャのが付くならそれはありがたい話。

というわけでヤフオクを物色するわけですが、なかなかいいのが無い。

ドレミコレクションからA6以前のデザインの復刻版が出てるのは驚いたけど、可倒式じゃないので除外。

というわけで「新品いくらだっけ…」と思いカワサキのWebでパーツ検索。

あれ、GPZ1100水冷(ZX1100-E)と共通なんだ…

というわけでヤフオクでGPZ900RじゃなくGPZ1100で検索して左右2500円でゲット。

確かにニンジャのA7以降と同じだわこれ…

走ってコケて削れてるところはあるけど、ミラーは曇りもなく問題ないのでした。

GPZ1100(水冷)はツーリングバイクとして優秀で大人なユーザが多かったからなあ…

ニンジャのミラーを安くで欲しい人はGPZ1100で検索するといいかもしれません。

んで装着っと。

ミラーでかっw

端から見るとアンバランスな気もしますが、走ってみると後方視界が慣れてるいつもの感じだし、ハンドルマウントみたく「体をひねらないと後ろが見えない」というバックミラーである自己の存在を否定することもないので、格段に乗りやすくなりました。

問題は次の車検で間違いなく全幅ではねられるところですかね。

記載変更って1000円くらいでしたっけ…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする