スポンサーリンク

Raspberry Pi B+が届く

4tronixに発注して月曜に届いたけど、畑に行って雑草を抜いてて不在だったので昨日受け取った。

今だと普通にRS-online(日本)で発注できますな。

いまさらだけど初めてのラズパイ。

とりあえずどんだけ動くモノなのか見てみよう。

ということでRaspbian突っ込んで色々動かしてみる。

X立ち上げてHDMIで1920×1200出てるけどメモリ300MB近く空いてる!

ただ動画再生まではまだ至っておりません。そこが目的じゃ無いから切ってもいいけど。

PCみたくブラウジングするのはキツい。そりゃシングルコアのスマホと同等ですから。

でもこの1枚のボードでここまで動くってのはなかなか衝撃です。

給電なんて普通にmicroUSBですよ。いや、そりゃそうか。そうなんだけどすごい。

そんなわけでお約束ですがUnixBenchを回してみると。

——-

System Benchmarks Index Score       83.9

——-

参考値ですがPhenom II x4 905e(2.5GHz) で4coreフルに動かして2400あたりです。さくらのVPSとかConoHaの1500円もこのあたりの値。

SDカードなのでFile copyを差し引いてCPU回りを見ても大体それくらいの倍率。

逆に考えるんだ。SPARCstation20(SS20)の83.9倍も速いんだぜ。

そこで大学院時代に「オレ2CPUのSS20持ってるんだ。これは一生モノだぜ」とか言ってた知人のことを思い出します。いま単身でアメリカに住んでるみたいですが。

ちなみにいま自分の足下にはSunBlade 1000(2CPU Mem:8GB)が転がってます。

すごくどうでもいい。

とりあえずApacheとかPHPとか動かしたけど、まあこの手のデバイスとしてはかなり好感触。

動画再生までいければ例のモバイルプロジェクターと組み合わせても面白いでしょう。

GPUも強力で、動画エンコも実時間プラスアルファ程度できるんだとか。

なにかと夢は広がります。

嬉しいのはB+になってUSBが4ポートに増えたというところでしょう。

無線LAN、キーボード、ケーブル、eject用USB-ATA変換を全部直挿しできるという。

しかしコイツ見てるとCDドライブを自走させたくなってくるんだよなあ…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする